薬剤師派遣 給与・時給 交渉のポイント

派遣薬剤師 高時給の働き方

薬剤師派遣 給与・時給 交渉のポイント

投稿日:

派遣薬剤師 時給交渉

高時給、高収入を得たいのであれば派遣薬剤師の働き方がおすすめです。
パート・アルバイトで働く薬剤師よりも時給が数百円から1,000円など高いことが多いため、手取りが増えます。
しかし、そんな元々高時給な派遣薬剤師求人ですが、さらに時給交渉することで時給アップするケースもあります。
薬剤師派遣での給与・時給 交渉のポイントについて、みていきましょう。

時給交渉で派遣薬剤師の時給はまだ上がる!

短期高収入が可能な派遣薬剤師
派遣薬剤師の働き方を選ぶ方の多くは、

派遣薬剤師として働く方が時給が高いから

といった部分に魅力やメリットを感じていると思います。

例えば東京都のパート薬剤師の時給相場は2,000円です。

しかし派遣薬剤師として働く場合には、時給3,000円以上の求人も少なくありません。

時給は100円でも高い方が良いです。

100円くらい、と思わずにが大切です。
時給交渉をして時給アップすると年収アップの効果はとても大きいのです。

時給が100円アップすることで、得られる年収アップの効果としては、

時給100円 × 8時間 × 20日 = 16,000円(月収アップ)

16,000円 × 12ヶ月 = 192,000円(年収アップ)

となります。

例えば1年間、派遣薬剤師として働いた場合、派遣会社に適宜、給与・時給交渉をして時給アップに成功すれば、例えば100円の時給アップであったとしても年間で、

約20万円もアップ

することになります。

こうしてみると、100円が大きく年収として積み重なることが分かります。

実際には、時給100円といわず、200円、300円と時給アップするケースもあるので、その効果は絶大です。

派遣薬剤師の時給は、意外と交渉すると上がることがあります。

ダメ元で薬剤師派遣会社の担当者に聞いてみるのもオススメです。

薬剤師派遣 給与・時給 交渉のポイント

派遣薬剤師
派遣薬剤師として働く場合、時給交渉できるタイミングは決まってきます。

まずは時給交渉ができるタイミングについて、抑えておきましょう。

初回の派遣契約時

薬剤師派遣会社に登録をし、面談(電話のみの場合も)をし働く際の希望を伝えます。

その後、具体的に調剤薬局やドラッグストアなど派遣先の求人紹介となりますがこの時が一番最初の時給交渉のチャンスとなります。

ただ初めて登録して利用する派遣会社の場合、いきなり時給交渉をするのはオススメ出来ない薬剤師さんもいます。

その派遣会社も初めて、そして派遣としてのお仕事も初めて、という薬剤師さんです。

派遣薬剤師として、どういった働き方になるか不安も大きいと思います。
よほど経験が豊富でどんな派遣先になっても貢献出来る自信がある場合には時給交渉をしても良いかもしれませんが、派遣という働き方に不安もあって・・・といった場合には、やはりいきなりの時給交渉は避けた方が良いでしょう。

紹介された派遣先のお仕事を確実にこなし、自信が付いてきたところで時給交渉を行うと、派遣会社の担当者としても「しっかり仕事をしてくれる薬剤師さんだから、時給の調整をしてみよう」と対応してもらいやすくなります。

派遣契約の更新時

派遣の期間は、基本的には1ヶ月、2ヶ月といった短期間になると思いますが、必要に応じて派遣期間の更新を相談出来る(相談される)ことがあります。

時給は契約期間中にアップすることはありませんから、契約更新時にも時給交渉のチャンスが訪れます。

派遣期間の仕事ぶりに雇用主側が満足していれば、時給アップの余地があります。

派遣先として、新たに違う薬剤師を派遣依頼するよりは既に仕事が分かっていて、職場にも馴染んでいる薬剤師さんい引き続き働いてもらったほうが業務効率は良いでしょう。

ただ、必ずしも時給が上がるとは限りませんから時給アップしなかったからといってその後の業務で不満を感じさせるような雰囲気を出すのはNGです。

もっと高時給で働来たい場合には、素直に違う派遣先を探したいと担当者に相談した方が良いといえるでしょう。

基本的には、派遣薬剤師の時給アップの交渉が出来るタイミングとしては、

  • 初回の派遣契約時(派遣先が変わるタイミング)
  • 派遣契約の更新時

となります。

派遣薬剤師 時給アップの依頼は自分で?派遣会社経由で?

時給交渉ですが、直接自分でした方が良いのか、派遣会社を通して行った方が良いのか、どちらでしょうか。

結論としては、派遣会社を通して交渉した方が良いケースがほとんどです。

派遣薬剤師として勤務をしている間、給与に関して決定権を持つ方とコミュニケーションを取る機会はほとんど無い場合もあります。

現場の管理薬剤師は採用に派遣薬剤師の採用に関わっていないこともありますから、時給交渉を試みても困られてしまうケースもあります。

調剤薬局の店長も雇われの場合には同様です。

もちろん、現場に採用責任者がいてあなたの採用に関わっているのであれば、根回し的に時給アップをお願いしてみても良いかもしれません。

しかし結局は派遣契約は派遣会社を通して行いますから、派遣会社の担当者を通じて時給交渉を進めてもらうことになります。

そのため、利用している派遣会社に対して交渉を行う方法が効率が良いと言えます。

時給アップの交渉

新たな派遣先の紹介を受けるタイミング(初回の派遣契約時)に「もう少し時給は上がりませんか?」と交渉してみる。

派遣契約の更新に関しても、満了する少し前に打診があります。
そこで「時給を200円アップしてくれるなら、ぜひ更新したいです」といったような交渉を行います。

ポイントは、あまりしつこく交渉を依頼しないこと。

ダメならダメで違う派遣先を探してもらった方が良いケースは多いです。

あまりにしつこいと、担当者も「あまり関わりたくない薬剤師さんだな・・・」と思ってしまうでしょう。

結局は、派遣のお仕事紹介も信頼関係が重要です。

派遣会社の担当者が好条件、良い仕事を紹介したい薬剤師さんとして考えてもらえるようにコミュニケーションを取っていくことも大切と言えます。

派遣薬剤師が時給アップの交渉をするための交渉材料

派遣薬剤師が時給交渉する場合、交渉材料があるとより時給アップの成功率が高くなります。

交渉材料があった方が、派遣会社の担当者も派遣先と時給交渉を進めやすくなりますからね。

勤務時間に融通を利かせる

派遣先の企業、調剤薬局やドラッグストアの中には長時間営業を行っているところも少なくありません。

派遣ですから勤務時間を固定して契約をしている場合は多いでしょう。

8:45~17:00まで。

しかし、職場によっては夕方~閉店までが忙しい場合もあります。

人手が足りない時間帯にもシフトを入れられるようにすると、派遣先としても助かりますから時給アップしやすいと言えます。

土曜日、日曜日の勤務も可能にする

派遣薬剤師として平日のみ勤務を希望される方は多いです。

ママ薬剤師の方も多いと思いますが、お子さんがある程度大きく成長していたり、家庭の状況次第では土日も勤務可能な方もいらっしゃると思います。

毎週では無くても、人手が足りなくなりがちな土曜日、日曜日も出勤可能にすれば、時給アップしても良いかな・・・と思ってもらえる可能性は高くなるといえるでしょう。

派遣期間の長期化を提案

派遣先が短期間だけ助っ人として人手不足を解消する、と最初から考えていた場合には無理ですが派遣期間を長期化することも、時給交渉の交渉材料となることがあります。

派遣先としても、新たに派遣薬剤師を探すのは手間が必要ですし、教える負担もあります。

基本的に、1ヶ月、2ヶ月で他の派遣先へ移る薬剤師さんが多いです。

その中で、3ヶ月、半年と派遣契約をしてくれるのであれば、その期間は確実に働いてもらえることから時給アップに応じてくれる可能性があります。

派遣薬剤師の手取りを上げるには時給交渉を

派遣薬剤師として、時給が100円でも上がると手取りが増えます。

派遣の働き方を選んだ一番の理由が、家庭と両立しやすいから、といった場合であっても時給アップは嬉しいですよね。

時給アップの交渉をする場合、単に「時給アップするなら働きます」といった伝え方も出来ます。

しかし、やはり交渉材料があった方が派遣会社の担当者も派遣先企業と交渉がしやすいです。

交渉材料が無くても人手不足で困っている場合には、時給アップする可能性もありますが、成功しない可能性も高いです。

派遣は人件費が高いですから、企業としては出来れば時給は上げたくありません。
それを交渉するのですから、出来るだけ交渉材料を出した方が良いのは間違いないところです。

派遣先企業としても薬剤師不足もあり、派遣薬剤師の代わりがすぐに見つかる保証がありません。

よほど仕事振りに不満足な場合を除き、100円、200円であればすんなりと時給アップ出来る可能性はあります。

契約時、ぜひ派遣会社の担当者に調整をお願いされてみてはいかがでしょうか。
交渉力の高い派遣会社を利用することも、重要なポイントとなります。

⇒ 高時給の派遣薬剤師求人が多い薬剤師派遣会社

こちらでご紹介している薬剤師派遣会社はオススメとなります。

-派遣薬剤師 高時給の働き方
-,

Copyright© 派遣薬剤師 高時給の求人が多い薬剤師派遣会社 , 2019 All Rights Reserved.