派遣薬剤師 高時給で働くには

派遣薬剤師として働く際の目的として「決まった時間で働きたい」「期間を決めて働きたい」「子育てと両立して働きたい」などがあると思います。

働き方を選びやすい派遣薬剤師は、派遣という働き方を理解した上でお選びになる場合、メリットの大きな働き方です。

また派遣薬剤師として働く場合、合わせて「高時給」であることを希望される薬剤師さんも多いと思います。

派遣薬剤師を選ぶからには高時給・高収入を優先したい、薬局の開業資金を貯めたいといった薬剤師さんもいらっしゃるかもしれませんね。

子育てと両立して働くにしても、高時給なら嬉しいですよね。育児にも何かとお金がかかります。
当サイトでは、派遣薬剤師として働くにあたり、高時給・高収入の求人が多いオススメ薬剤師派遣会社を中心にご紹介しています。

これから派遣薬剤師の求人をお探しになるという薬剤師さんは、ぜひご紹介する派遣会社をご活用ください。

高時給の派遣薬剤師求人が多い薬剤師派遣会社

派遣薬剤師の給与・時給の幅は様々です。
同じ地域の派遣求人であっても時給が500円~1,000円近く差があることもあります。

扱う処方箋、仕事内容やスタッフ数、交通事情などもありますので単純に比較は出来ませんが、派遣薬剤師求人を選ぶ際には、高時給かどうかにも注目していきたい薬剤師さんは多いのではないでしょうか。

派遣会社を選ぶ際には、まずは求人案件が多いことが重要です。

薬剤師専門の派遣会社の中でも、高時給の派遣薬剤師求人が多い派遣会社をご紹介いたします。

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

薬剤師派遣、といえばファルマスタッフです。
大手調剤薬局チェーンの日本調剤グループ会社が運営しています。

ファルマスタッフは昔から派遣薬剤師求人には非常に力を入れてきており、求人数も業界トップクラスとなっています。

調剤薬局求人に非常に強いです。

派遣薬剤師が働く職場として多いのは調剤薬局ですから、派遣先を探す際に困ることは少ないのではないでしょうか。

サポートも手厚いため、初めて派遣薬剤師として働くという場合でも安心して就業することが出来るでしょう。

時給4,000円、高時給の派遣薬剤師求人も多数あることが特徴です。

派遣薬剤師求人も豊富ですが、正社員求人、パート・アルバイト求人もあり。
ライフスタイル(子供の成長)に応じて働き方を変えたいママ薬剤師にもおすすめです。

⇒ ファルマスタッフ 公式ページはこちら

薬キャリ

薬キャリ

薬剤師求人数、業界トップクラスの薬キャリ(エムスリーキャリア)です。

派遣薬剤師求人数も豊富ですので、様々な職場を比較しながら探したい場合にもオススメです。

東証一部上場のエムスリーグループが運営しており、病院、医療機関、施設からは圧倒的な知名度があります。

調剤薬局の派遣求人が非常に多く掲載されており、お住まいの地域で希望条件+高時給の派遣薬剤師求人を探したい場合にも役立ちます。

⇒ 薬キャリ(エムスリーキャリア) 公式ページはこちら

ファル・メイト

ファル・メイト

薬剤師に特化した派遣会社ファル・メイトです。

ファル・メイトの派遣薬剤師求人の特徴は、

「関西・関東エリアなら時給2,800円を最低保証」

していること。

派遣薬剤師として高時給を保証してくれていますので、給与の見込みも立てやすいですよね。

東京都内で派遣求人を探す場合、薬剤師が充足しているエリアだと思ったほど高時給の求人が見つかりにくいのですが、高時給の派遣薬剤師求人が多いファル・メイトでは時給3,200円、時給3,400円といった高時給の求人案件も多く見つかります。

ファル・メイトでは単発派遣のお仕事も求人紹介を受けることが可能です。

休日を利用して掛け持ち・ダブルワークで収入アップしたい時などにも、便利です。

⇒ ファル・メイト 公式ページはこちら

派遣薬剤師、高時給の求人案件で失敗しないために

派遣薬剤師として働く場合、時給の高さは重要なポイントです。

お給料の多い、少ないは生活に直結しますし、派遣の働き方を選ぶ薬剤師さんの中には短期間で高収入を得たいという目的がある方も少なく無いと思います。

派遣薬剤師求人を探していると、給与の相場を超える高時給の求人案件もあります。

都内だと時給4,000円以上は非常にレア求人です。
時給3,500円前後だとまだ見つかりやすいでしょうか。

時給4,000円で1日8時間労働、週5日働いた場合(22日勤務)には月収は70万4千円です。

社会保険などが引かれますから手取りはこれよりは少なくなりますが、正社員よりも高収入!となるのではないでしょうか。

関東エリアでも実際、高時給4,000円の派遣求人案件はあります。

例えば、ファルマスタッフは高時給の派遣薬剤師求人も豊富に取り扱いがありますが、時給4,000円以上でも探しやすい点がポイントです。

※ pharma-kougaku.jpg

東京都で探す場合には、時給3,500円以上でお探しになると、見つけやすくなります。

⇒ ファルマスタッフ 詳細はこちら

こうした高時給が魅力の派遣薬剤師ですが、働く際、失敗しないための注意点(デメリット)があります。

派遣薬剤師のデメリット

高時給が魅力の派遣薬剤師、働く際、失敗しないための注意点(デメリット)についてみていきましょう。

先にデメリットを見て、さらに後では派遣薬剤師のメリットについても掲載しています。

派遣契約が更新されないリスク

派遣薬剤師の給与は、高いです。

働く立場としては嬉しいですが、給料を払う調剤薬局、企業などからすると確実に割高です。

薬剤師さんに渡るお給料の他に、派遣会社に手数料なども支払っていますからね。

月収70万を薬剤師さんが稼げるお給料の場合、派遣会社には90万前後を支払っている可能性があります。

そこまで高額給与を支払い続けるほど、余裕のある調剤薬局は少ないはずです。

人手不足のために一時的に派遣薬剤師で乗り切りつつ、パート、正社員の薬剤師を採用するために動いているケースは多いです。

そのため、直接契約の薬剤師が見つかればアッサリと派遣薬剤師は契約切れとなります。

高給与、職場も働きやすいのでこのまま働きたい!と思っても、契約更新されないケースは思った以上に多いことは、注意が必要です。

次の派遣先も時給が高い保証はなく、収入の不安定さにもつながる可能性があります。

派遣薬剤師、雇用の不安定さ

派遣で働く以上、派遣先が見つからなくては働けません。

先にもありましたが、人手不足を乗り切るために割高な派遣薬剤師を雇い入れているケースが多いため、人材が見つかれば派遣契約が更新されませんし、また経営状況が悪くなれば真っ先に切られます。

需要は確かにありますが、高時給であることにこだわりすぎると職場が見つかりにくいというデメリットもあります。

ただ、確かに派遣薬剤師の需要は大きいですから、時給を最優先にしなければお仕事自体は見つかりいやすいです。

そのため、子育て中のママさん薬剤師や、事情があって短期の仕事を希望される薬剤師さんには、とても働きやすいのが派遣薬剤師といえます。

派遣薬剤師を採用したいという調剤薬局は多いですので、通勤時間なども多めに見ることが出来れば、仕事が全く見つからない、といったことは無いはずです。

派遣薬剤師はスキルアップが難しい

派遣薬剤師として働く場合、正社員のようなスキルアップは難しいです。

携わる業務内容はあらかじめ決められているため、それ以外の仕事、どんどん責任ある仕事を任されることはありません。

雇用主側としても、有機雇用(それも短期派遣予定)の薬剤師ですから補助的な役割で仕事をして欲しいと考えています。

スキルアップできるような仕事を考慮してくれることはありません。

ただし、派遣薬剤師は職場を一定期間で変えやすいので、経験したい診療科の処方箋が多い調剤薬局に職場を変える、といったことはしやすいです。

派遣薬剤師のメリット

次に派遣薬剤師として働く際のメリットについて、みていきたいと思います。
メリットもたくさんあります。

これから派遣薬剤師としてお仕事をしようとお考えの薬剤師さんも多いと思いますが、デメリットよりもメリットが多いと感じられる場合はもちろんオススメの働き方です。

または子育てと両立しやすい働き方をしたいので、検討した結果、残業無しの派遣薬剤師の働き方がピッタリという場合も多いと思います。

派遣薬剤師は高時給、高収入を稼げる!

派遣薬剤師は高時給です。

時給3,000円以上の派遣薬剤師求人も少なくありません。

パートで働く場合と比べて高額な給与を得やすい求人が多く、週に3日、4日などしか働けない場合であっても、短時間しか働くことが出来なくてもしっかりと高収入を得ることが出来ます。

パート薬剤師の場合には時給2,200円前後の求人が多いですから、派遣とでは月収でかなりの収入差になります。

高時給であることから、扶養内に抑えるのは難しいかもしれません。

勤務条件を選びやすいので、子育てしやすい働き方がしやすい!

派遣薬剤師は勤務日数、勤務時間を選びやすいメリットがあります。

これも派遣という働き方を選ぶ理由、という薬剤師さん、特にママ薬剤師の方に多いのではないでしょうか。

男性薬剤師の方でも、趣味の時間を確保したい場合、実は他に追いかけたい夢がある場合には派遣として勤務条件を選んで働かれている場合もあります。

「平日のみ週3日の勤務、プライベート重視」

「週5日、フルタイムの勤務、残業無しでしっかり高収入」

派遣薬剤師は自由度の高い働き方が可能ですから、子育てとの両立がしやすくママ薬剤師の方にオススメの働き方となっています。

実際、薬剤師派遣会社の方にお話を聞くと、ママ薬剤師の登録も多いそうですよ。

残業無し、土日祝日も実現しやすいことから、

「保育園、幼稚園のお迎えに間に合う働き方をしたい」

「家族と一緒に過ごす時間も大切にしたい」

といったママ薬剤師の方にピッタリの働き方です。

子供の成長に合わせて働き方を変えていくこともしやすいです。

派遣薬剤師は高時給ですから、勤務時間が短めであっても十分に生活にプラスとなる収入を得ることができる、ということも大きなメリットですね。

サービス残業無し

派遣で働く場合、サービス残業がありません。

タイムカードで勤務時間を管理しますし、残業が発生する場合には派遣社員はコストが高いため、店舗側は可能な限り派遣社員には定時で帰るようにします。

そのため、派遣薬剤師は残業が発生にしくいのですね。

またもし仮に残業があったとしても、きっちり残業時間分の給与が支給されます。

もしタイムカード通りに残業代が支払われない場合、派遣会社に相談をすることが出来ます。

派遣薬剤師は色々な職場を経験できる

派遣薬剤師は、色々な職場を経験することが出来ます。

正社員のように責任ある仕事をステップアップして経験していく、といったこととは違いますが、様々な領域の仕事、経験を積むことは可能です。

調剤薬局といっても色々な処方箋を扱っている調剤薬局がありますし、門前薬局と住宅街の中では薬剤師への相談も異なってくるでしょう。

OTCを経験してみたい、転職を前提としてドラッグストアでも働いてみたい、といったことも派遣であれば選択しやすいです。

色々な職場・仕事内容で働いてみて、転職の準備につなげていくといった薬剤師さんもいらっしゃいます。

派遣会社を利用することで、次に働きたい仕事内容で求人案件を探してもらうことが出来ます。

そろそろ腰を落ち着けて正社員に・・・といった場合には、紹介予定派遣を利用して正社員登用を前提に働くことも可能です。

派遣は人間関係が楽

以前の職場で、人間関係の苦労をされた薬剤師の方も多いと思います。

派遣で働くメリットの一つに、人間関係の楽さ、も挙げられます。

もし職場での人間関係に問題があっても、派遣薬剤師の場合には契約期間で職場を変えることが出来ます。

もし派遣期間の更新を打診されても派遣会社を介して断ることが可能です。

また普段の勤務でも派遣社員と直接雇用のスタッフ(正社員・パート)では、適度の距離感がある場合が多く働きやすいと感じる方も多いです。

人間関係で苦労した経験がある薬剤師の方には、派遣薬剤師の働き方はメリットに感じられることが多いのではないでしょうか。

福利厚生が思った以上に手厚い

薬剤師派遣会社を選ぶ際のポイントにもなりますが、全国で派遣事業を行うような規模の大きな派遣会社は、福利厚生が手厚いです。

産休・育休だって取得が可能ですし、有給休暇も取得をすることが出来ます。

派遣スタッフの教育・研修に力を入れている派遣会社も多いですから、新たな仕事を始めたい場合にも相談がしやすいのではないでしょうか。

高時給4,000円の派遣薬剤師求人

派遣薬剤師として働く場合、

「高時給」

というと時給でいくら以上を想像されますか?

時給3,000円以上で高時給、と考える薬剤師さんもが多いのではないでしょうか。

しかし探していくと派遣薬剤師としてさらに高時給の求人があります。

地方の派遣薬剤師求人にはなりますが、時給6,000円以上のお仕事もあるんです。
関東、関西エリアでも都市部からは少々離れますが、時給4,000円の調剤薬局なども見つけることは可能です。

高時給の派遣薬剤師求人が多く見つかりやすいのは、ファルマスタッフですが、全こうした派遣会社を利用することで、国各地の高時給の求人案件を見ることが出来ます。

時給が1,000円高くなると、月収で約18万円など差が出てきます。

一例となりますが、時給4,000円で1日8時間労働、週5日働いた場合(22日勤務)には月収は70万4千円となります。

一時期、短期間の働き方としてこうした高収入を優先する働き方も、考えやすいのではないでしょうか。

実際、目標のために高収入・高給与で働くことを目的として派遣薬剤師として勤務されている方もいらっしゃいます。

地方の派遣薬剤師求人は高収入!

このように地方に行けばいくほど、薬剤師不足がさらに深刻となるために高時給を提示していることが多くなります。

そのため、先ほどあったように時給4,000円以上の派遣薬剤師求人も増えてくるのです。

それも、

  • 引越費用負担
  • 住宅補助あり(社宅、寮完備、住宅手当など)

も用意されており、薬剤師さんが負担を少なく就業できるように考慮されています。

こうした地方の派遣薬剤師求人の高給与、高待遇を利用して冬は南で働き、夏は北海道などで働く薬剤師の方もいらっしゃいます。

その気になれば非常に自由度の高い働き方が可能な派遣薬剤師の働き方といえます。

短期高収入が可能な派遣薬剤師の働き方

とはいえ、地方で働くのは家族もあるし難しい・・・

生活するなら都内、都市部がやっぱり良い!

という薬剤師さんも多いと思います。

地方に行けば行くほど高時給が多い派遣薬剤師求人ですが、東京、横浜、大阪、名古屋といった都市部でも高時給の求人案件はあります。

少し交通機関が不便になるエリアは、時給が高くなりやすい傾向があります。

自動車通勤が可能であれば、少しくらい遠方でも通勤可能な方は調剤薬局をお探しになる歳に、範囲を広げてみてはいかがでしょうか。

東京都内でも時給3,500円、といった高時給の派遣薬剤師求人はあります。

ファル・メイトでは関東・関西エリアでの派遣薬剤師の最低時給を2,800円以上としていますから、高時給でしっかり働きたい薬剤師の方は相談をされてみてはいかがでしょうか。

こうした高時給で働きやすい環境を利用して、短期間だけ高収入を優先して働く、といった働き方も可能です。

子供の学費、旅行資金、留学費用、将来の調剤薬局開業費のためにお金を貯めたい、など理由も様々です。

派遣薬剤師のメリットを活かすことで、短期高収入の働き方も可能となります。

時給アップをするポイント

こうした薬剤師専門の派遣会社を利用する場合、担当コンサルタントも薬剤師業界の知識が深く、条件面でも交渉しやすいのがメリットです。

【給与】時給3,000円~3,500円

といった場合には、出来る限り高い時給を引き出せるように、給与交渉をするケースもありますが、ご自分で時給交渉をするのは難しいと思います。

薬剤師派遣会社を利用する場合、可能な限り高時給で条件がまとまるように交渉をしてくれます。

最初の派遣先でしっかりと仕事をすることで、次の職場での時給アップを派遣会社に依頼する方法もあります。

初めて稼働する薬剤師さんは、やはり給与交渉がしにくいケースはあるようです。

しっかりと仕事をこなす薬剤師であることをアピール出来ていれば、担当者も次の職場に交渉しやすくなります。

高時給・高収入で働くための、おすすめ薬剤師派遣会社

最後に高時給・高収入で働くための、おすすめ薬剤師派遣会社をまとめますと、

⇒ ファルマスタッフ 公式ページはこちら

⇒ 薬キャリ(エムスリーキャリア) 公式ページはこちら

⇒ ファル・メイト 公式ページはこちら

をオススメいたします。

中でも求人数が豊富なのは、ファルマスタッフ、薬キャリです。

1つの利用でも求人を多く紹介してもらうことが出来ますが、、どちらも利用した場合には、さらに求人を網羅しやすい(好条件の求人を紹介してもらいやすい)といえるでしょう。

派遣薬剤師として高時給の求人情報を多く得たい、といった場合にはこうした薬剤師専門の派遣会社の活用をオススメいたします。

Copyright© 派遣薬剤師 高時給の求人が多い薬剤師派遣会社 , 2019 All Rights Reserved.